上原さくらじゃないよ

マイミクのbmに誘ってもらって、生まれて初めて、番組の公開収録ってのを見てきました。

午後3時頃に彼から届いたメールには
「今日、19時に渋谷に来れる方。先着1名様、上原ひろみの公開収録が見れます。」
の文字。ノータイムで
「行く!」
って。仕事の区切りは全然ついてないけど、仕事と生の上原ひろみとどっちが大事かっていったら、まあ考える余地ないでしょ。
それに、上原ひろみのライブのチケットはなかなか手に入らないのです。(いいわけ)

収録の観覧者は100人強というところ。集合場所に僕が着いた時にはもうかなり人が並んでたんだけど、bmが先に並んでくれてたおかげで、わりと前め、3列目中央近くで見ることができました。

収録は4曲+リテイク3曲+1カット1分程度の短いトークを数本。
NHKの国際放送向けの番組ということでトークは全て英語でしたが、司会も上原さんも発音が聞き取りやすく、聞き取れた単語を繋ぎあわせれば、言っていることはだいたい理解できました。

そして、なんといっても迫力の演奏。
足を踏み鳴らし、声を上げ、立ち上がって全力で鍵盤を叩く、キュートな外観からは想像できないようなパワーと、その指先から発せられる超絶な音数。
しかも、リテイクを聞いて、その再現率の高さに唖然。あれだけの音、全部覚えてるんですね。

演奏は全てピアノソロで、上原さんのアルバムはトリオのしか持ってなかったからソロだと物足りないかなと思ったんだけど、全然そんなことはありませんでした。
トリオとはちょっと違う種類の緊張感とライブ感。最高でした。アルバムゲットしなくちゃ。

貴重な機会をくれたbmに感謝。
昨日放っぽってきた仕事のリカバーしないとだ。。。