旅行日記3日目(8月13日)



現在秋田県と山形県の県境あたりにいます。あてにしてたキャンプ場に3つフラれて、仕方なく道の駅で一晩明かす予定。
相変わらず遅れまくりの旅行記です。

朝のコーヒーを飲み終えて撤収作業中にトラブル発生。鍵を車に閉じ込める。スペアは持ってきていたんだけど、残念ながらそれも車内。仕方なくJAFを呼ぶ。ドがつく田舎なので相当待たされるかと思いきや、すぐに到着。地元の自動車工場が請け負っているらしい。30分程度のロスで済んだ。

オホーツク海沿いをひたすら南下。日差しがきつくあからさまに日焼けしてしまった。
網走から内陸に折れて、美幌峠(写真1)。眼下の屈斜路湖がきれい。道100選4本目。

弟子屈を抜けて開陽台へ。北海道来たらここは寄らないとね。開陽台の入り口の北19号線で道100選5本目(写真2)。この景色はポスターとかで1度は見たことがあるんじゃないかと思う。撮影時間の関係で、ちょっと陰の多い写真になっちゃった。

予定では養老牛温泉に入る予定だったんだけど、外来の時間が合わず断念。で、代わりに選んだ弟子屈の近くの温泉がしょぼくてがっかり。

宿泊は多和平。使うのは3回目なんだけど、今までで一番混んでいた。

よるは獅子座流星群の極大期ということで、上を見ながらビールを飲んでいたら首が痛くなった。流れ星を10個ほど見ることができた。

走行距離は482km

旅行日記2日目(8月12日)



まだ生きてます。いま、函館のフェリーターミナルで青森行きのフェリーを待ってます。
キャンプ場でwillcomって更新計画は無理があった。とりあえずここはつながるので、1週間以上前の日記ですが。。。

6時半に苫小牧港に着岸。一路北へ。
岩見沢から滝川に向かうR12は日本一長い直線道路で、20数キロ、時間にして30分間くらいずっとまっすぐ。
10時半頃、北竜のひまわりの里でひまわり見物(写真1:端に写っているのは相方)。

留萌で日本海に出て、オロロンラインを北上。今回の旅の最初のハイライトだったけど、サロベツ原野はあいにくの霧(写真2)。
原野を走る道道106号線で、今回の旅の道100選2本目。

稚内をすぎて宗谷岬に一応寄る、記念だしね。周辺の宗谷丘陵道路で、道100選3本目。

夜は浜頓別のクッチャロ湖畔キャンプ場に泊まる。すぐわきにきれいな温泉もあって完璧。

走行距離は494km