深夜の温泉旅行

8月18日(金)
やっぱりどうにもじっとしていられないたちのようで、10時くらいになって気温が下がってきたら無性に出かけたくなってきた。とりあえず財布とタバコだけ持って出発してみる。

横横を走りながらどこに行こうかなと考えて、富士山で朝日を見ようかなとも思ったんだけど、そういえば去年も全く同じ時期に富士山に行ったことを思い出したのと、Tシャツ一枚で出てきてしまったのでさすがに富士山は寒かろうと思い断念。

次に思いついたのが、ほったらかし温泉。前回は雲が厚くて朝日が見れなかったので、リベンジしてもいいかな。タオルは持ってこなかったけど、途中でドンキで買えば安いもんでしょ。

ということで保土ヶ谷BP→R16→中央道で勝沼ICへ。途中相模原のドンキでタオルを購入。3時半に温泉に到着して、駐車場で1時間ほど仮眠して、4時半ころから入浴。

朝日が昇ったのは5時半過ぎ。結局また雲が出て、地平線からの朝日は見れなかった。むしろ4時ごろから入浴して、街の明かりがだんだん消えていくのと、朱の空のグラデーションを楽しむ方がオツかも。次回はもうちょっと早めに入ってみようかな。

帰りはR137→R138→三国峠→小山→R246とつないで、保土ヶ谷BP→横横で帰宅。帰り着いたら昼11時でした。
昼夜逆転しちゃった。社会復帰できるかな?