2 peaks

昨日は久しぶりに山に行ってきました。
目指すは、群馬と長野の県境にある、湯の丸山と烏帽子岳。

5時に川崎を出発。
環八が混んだ以外はスムーズで、上信越道・小諸ICで高速を降りて、北に20キロ、地蔵峠に8時過ぎに到着。事前の天気予報で、「前日雪がふった」とか、「夜は余裕で氷点下」とか見ていたので、ちょっと心配していたんだけど、周りの山々も雪は全くなく一安心。

8時半から登山開始。
見渡す限りの青空。パーフェクトです。

写真

湯の丸スキー場のボトムから登り始めて、ゲレンデ内をトップまで。その後山道に入りますが、特に迷うような箇所もなく、眼前に見える湯の丸山を一気に直登。1時間15分ほどで湯の丸山山頂に到着しました。

眼前にドカンと北アルプス。その左手に、手前に八ヶ岳。奥に南アルプス。そのさらに左に富士山。右手には妙高の山塊があって、さらに右に志賀、草津や上越の山々。背後には噴煙を上げる浅間山。すげえパノラマ!!

スナップ写真じゃこのパノラマはお伝えできないけど、北アルプスを背後にした一枚。

写真

mixiフォトの解像度じゃ見えないだろうけど、一応説明すると、写真の右端に槍と穂高が、中央やや右に白馬が写ってます。
そして、僕の頭でちょうど隠れているすぐとなりの山が、次に登る烏帽子岳です。

↓は噴煙を上げる浅間山。

写真

コーヒー休憩した後、登ってきたのと逆の斜面を直滑降(滑らないけど)。40分ほどで谷間で降りると、すぐに向かいの稜線に向かって直登。30分くらい登ると稜線に出ます。稜線を20分位歩くと烏帽子岳山頂に着きます。

写真

ちなみに、写真のケツのあたり、看板の「烏帽子岳」の「岳」の下のあたりに見えているのが、雪をかぶった妙高の山々です(たぶん)。

帰り、烏帽子岳直下の急斜面以外はのんびりとした森の中の散歩道。1時間半のてくてく歩きで、出発地点の地蔵峠に戻れます。

山登りとセットなのが温泉。
本当は浅間山中腹、2000mの高さにある「高峰温泉」に行くつもりだったのですが、途中の林道が冬期通行止めで通れず(来週だったら開通してた!)。大きく迂回すれば行けたのですが、タイミング的に日帰り入浴の受付に間に合わなかったので、近場の鹿沢温泉に向かいました。

どこかいい宿はないかしら、と温泉街を流していたら、えらく風格のある構えの宿を発見!

写真

昭和9年に立てられたというこの「鹿澤館」は加水なしの源泉かけ流し。
天気といい、温泉といい、今日はなんてヒキが強いんでしょう。

のんびり汗を流したら、一路川崎。ほとんど渋滞もなく7時台に帰ってこれました。
いい休みだったなあ。次は夏山ですかね。

Published by

そうへい

都内の某ベンチャーでWebまわりの開発してます。趣味でドラムとパーカッション叩いてます。スノボ、キャンプ、登山、秘湯めぐり等、アウトドア全般イケます。LiverpoolFCのファンです。