被災地を見てきた

・今年のGWは有給休暇組み込むと10連休
・近々、高速道路上限1000円の割引が廃止されるっぽい
・自粛とか風評被害とかいって、東北方面の行楽地は空いていそう
・あわよくば、渋滞知らずな上に安い料金で遊べるかも
・東北で遊んでお金使って「復興支援」て言い張れば、なんかいい事した気分

というようなことを考えて、5/1〜5/5まで、4泊5日で東北に行ってきました。
せっかく東北まで行くんだから、復興作業のじゃまにならない程度に、多少の野次馬根性は多めに見てもらって、津波の被災地も見てくることにしました。テレビで繰り返し見すぎたせいで感覚が麻痺してしまって、なんだか被害が遠い世界のことのように思えてしまっていたので、自分の目で見ることで意識が変わることもあるかなと思ったのです。

訪ねたのは、震災後最初期に報道のカメラが入ったためテレビでも多く取り上げられた、仙台市若林区。

仙台駅周辺は、川崎駅周辺となんらかわらない、駅ビルとデパートとアーケード街に休日を楽しむカップルがたむろす平和な街でした。ところどころ、ガラスが割れて段ボールで塞いである窓があるくらいで、地震の影響を感じることはほとんどありません。
駅を出て、海に向かって東に車を走らせると、徐々に様相が変わってきます。地面と高さがあっていない入り口や、曲がった看板、スクラップになった車をひとまとめにしてある駐車場、墓石が全部倒れてしまった墓園。仙台東部有料道路をくぐるあたりからは、家や店の壁には、津波が到達したことを示す泥の線が目につくようになります。

そして、一番海岸沿いの県道10号線に出た直後、世界が一変します。世界の境界には、一軒の立派な日本家屋が立っていて、おばあさんがめちゃくちゃになってしまった家の片付けをしていました。その日本家屋の向こう側数キロにわたって、ただひたすら瓦礫だけの世界が続いています。残っている家は文字通り一軒もありません。

本当は、車を停めて写真を撮ってこようと思っていたのですが、道路脇がすぐ瓦礫なので路駐できるスペースがほとんど無く、復興作業のトラックが頻繁に通るのでじゃまになるわけにもいかず、それよりも何よりも、そんな観光気分が吹き飛んでしまうあまりに重たい光景に、走りながら窓越しに数枚撮るのが精一杯でした。

今回の僕の気軽で不純な訪問が、現地の人にどの程度迷惑になったのか、あるいは、僕一人であればたいしたことなくてもどの程度大勢が押しかけたら迷惑になるのか、わかりません。でも、もしそれほど迷惑になっていないのなら、あの光景は自分の目で見る価値があると思います。
それは好奇心を満たすためではなく、何ヶ月後か何年後かに、みんなが「頑張ろう」に疲れ、義援金に飽き、チャリティが商業主義にまみれた後で、「まだ復興とか言ってるの?」と思わないために。

Published by

そうへい

都内の某ベンチャーでWebまわりの開発してます。趣味でドラムとパーカッション叩いてます。スノボ、キャンプ、登山、秘湯めぐり等、アウトドア全般イケます。LiverpoolFCのファンです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *